理学療法士になるには

理学療法士は国家資格として社会的に認められた職業です。
国家資格は国が認めた資格なので、民間の資格に比べると取得までに時間や労力がかかります。
そのため簡単に決意できるものではありません。

しかし理学療法士はこれから先、就職先を幅広い中かから選択することができ
需要が多いことから多くの人が目指すようになりました。

理学療法士になるためには国が定めた養成施設を卒業する必要があります。
異業種からの転職の場合、仕事を継続しながら取得を目指す人と、退職して一時期は学生として資格を取ることに専念する人に分かれます。
どちらも共通して言えることは、なるべく短期間でとれるようにプランニングできればという気持ちを持っています。

無収入になる期間や仕事と学生業を兼任する期間が長くなるほど、どうしても心身ともに負担が大きくなります。
最近では夜間の3年制、昼間の3年制などの専門学校が増えていますが、本来4年間で学ぶべきものを3年に縮小して行っているため、毎日がとてもハードになります。
ある程度の覚悟は必要ですが、異業種からでも基礎からしっかり学ぶことができます。

仕事をしながら取得

社会人となり就職してもやりがいが見いだせない人も多いでしょう。
特に人の役に立つ仕事である理学療法士はとても魅力的な仕事だといえます。
国家資格となるため、将来仕事に困ることが少ないです。

異業種からの転職で不安に感じる人は、仕事をしながら取得する方法を選択しています。
最近では夜間の専門学校も増え、4年制もしくは3年制で学び卒業後に国家試験を受けるという方法があります。

特に夜間の3年制を選択した場合は、17時半ぐらいから22時まで毎日授業がある状態が続きます。
仕事との兼ね合いを考えても、時間的に近場で通うことができる学校でなければ厳しいのが現状です。
授業をどのようにプランニングして両立が可能なのかしっかり判断してから決めましょう。

国家資格とやりがい

理学療法士の一番の魅力は国家資格を得ることができるという点です。
特に理学療法士の場合は一度取得したら更新の必要がありません。
職場復帰もしやすく、病院以外でも老人ホームなどの福祉施設での就職先も増えています。

そのほかにもスポーツトレーナーや障害者のサポートなども行うことができるため、幅広いジャンルで活躍することができます。
何より人の役に立つという社会的に認められている職業なので、誇りややりがいのある仕事だといえます。