就職難の影響

理学療法士は定められた養成施設を卒業したのち、国家試験に合格して初めて持つことができる資格です。
誰もが簡単に取得できるものではなく、多くの実習と専門的な知識がなければ合格することは難しいです。
国が認めている資格なので社会的にも評価が高い職種ですが、認知度が低いため世間の評価はそれほど高くないと感じる人が多いです。

しかし理学療法士は、病院から社会復帰するためには必要不可欠なリハビリの専門家です。
一人一人の症状に合わせて、リハビリプランを考え一日でも早く日常生活を取り戻せるようにサポートしています。

今まだ就職難の時代が続く中で、理学療法士の需要は多い方です。
就職に監視では条件を絞り込みすぎてしまうと、どうしても就職先が少なくなってしまうのが現状です。
しかしある程度の妥協をすることで、就職先には困ることがないといわれています。

人気のある就職場所

理学療法士は過去に比べると資格を取得する人がたいへん増えてきています。
主な職場といえば8割ぐらいが病院になりますが、職場によって待遇も大きく異なります。
常に募集はある仕事ですが、中には競争率が激しい就職先もあります。

それはスポーツトレーナーやスポーツジムなどの勤務です。
実績がある人は、有名選手のサポートチームに所属して、ケガにならないように事前にリハビリ兼ねたトレーニングをしています。
もしそれでもケガをしてしまった場合は、早く回復できるように専門の知識を用いて、リハビリに取り組みます。

プロの選手がけがをしても復帰するのが早いのは、理学療法士が選手に合わせてリハビリの提案をしているからでしょう。
プロ選手のトレーナーになるのはごく一部ですが、スポーツジムにおいてもリハビリのノウハウを役立てることができます。

今後増えていく就職場所

これから先理学療法士はますます増加傾向にあるといわれています。
人材が増えたら就職債は狭くなるのではという心配をする人も多いでしょう。
特に理学療法士の場合は一度資格を取得すると更新など必要がないため、生涯身になる資格だといえます。
国家資格で社会的にも認められたとても重要な仕事です。

今までは病院が就職先になることが多かったですが、今後は介護の分野で広く需要が高まってきます。
高齢化社会の中で老人の介護はいろんな形に細分化されています。
自宅で介護を行いたいという希望も多く、サポートするために訪問看護ステーションが増えていくと予想されます。

この業種では理学療法士がリハビリを行う重要な人材として需要が高くなっていきます。
就職難の中でも理学療法士は条件をせばめなければ就職率は高いといえます。