理学療法士の仲間意識

理学療法士は、リハビリのプロとして病院や介護施設、スポーツジムなどいろんな場所で活躍しています。
リハビリの中でも運動療法を用いることが多く、体を動かすために一番基本的な動作についてリハビリを行っています。
基本的な動作とは、立つ、歩く、座る、寝返るなどのことをさし、これらができるようになってやっと日常生活の動作へと進むことができます。

リハビリは心疾患、脳卒中、呼吸器疾患、メタボリックなどいろんな症状によって、リハビリの仕方がまったく異なります。
そのため専門の知識や経験が必要になり、同じ業種同士の結束力が高まる場合が多いです。
特に理学療法士の場合は採用されている人数も多く、勤務時間にあまりばらつきがないため同じ時間を過ごすことになります。
自然と仕事の話などで意見を交換し合いながら、同じ職業だからこそ分かり合える苦労などもあります。

他のスタッフとの関係

理学療法士は、医師の指示によってはじめて患者さんに合わせたリハビリのプランニングをすることができます。
リハビリにはある程度の形が定まっていますが、その日の患者の体調や今後の治療計画などを確認しながらリハビリのスケジュールを立てていくことになります。
その計画を立てる際に、理学療法士、医師、看護婦など一つのチームとなってミーティングを行う必要があります。

リハビリを潤滑に行っていくためにも医師や看護師さんと連携して決めていかなければいけません。
関係性が悪い状態の場合、報告や相談などがスムーズにやり取りできず仕事に支障が出てしまうこともあります。
そうなってしまうとお互いの信頼関係が崩れしてしまい、関係のないスタッフまでも気まずい雰囲気になってしまうことがあります。
意思の疎通はしっかりと行いお互いが信じあえる関係性を持つことが理想でしょう。

いい雰囲気とは

職場の雰囲気は実際に働いてみないとわからないと決めつけてしまう人もいます。
実際にはすべてを知るためには、その場で働くのが一番ですが事前に確認できることはするようにしましょう。

一番適しているときは、気になる職場をいつくかピックアップして、職場見学をさせてもらうのが一番です。
自分の目で見ることで職場の環境、働いている人の表情などを見ながら自分に合っている職場かどうか判断してみましょう。

時間帯によっては落ち着いている時間であれば、実際に働いているスタッフと話をすることもできます。
職場の雰囲気ややりがいは何かなど自分が気にしている部分について、直接話すことで安心して採用試験を受けることができます。
また医療は日々進化しているため研修や勉強会などが充実している職場は、日々成長できやりがいがあるといえます。