活躍できる仕事

理学療法士は国家資格を必要とする職業です。
リハビリに関する知識が豊富で、病院を退院したいという患者さんにとってリハビリは必須条件となります。
主に勤務先は病院になることが8割といわれていますが、ケガや病気、身体障碍、スポーツ、介護などいろんな分野での活躍できる仕事になっています。

そして理学療法士の中には独立して起業する人もいるため、人材が十分でないと感じている場合が多いです。
そのため理学療法士という資格を持っているだけでも採用を決める病院も多いです。
もし経験や勤務年数が短い場合でも、技術面に関しては入社してからでも研修や経験を積み重ねてくれればいいという考えを持っています。

ただし社会人としてのモラル、人間性などに問題があるのではと感じない限りは採用になる可能性が高いです。
それではどのような点で注意して記入すべきなのでしょうか。

履歴書で注意すべき点

履歴書で採用の際に見られる点は、経歴です。
転職をする際には社会人になってからどのような経験を積むことができたのかを判断することができます。
転職を繰り返している人、一身上の都合での退職が多い人は、人間性に疑問を持たれる場合が多いです。

正当な理由であれば履歴書の記入の際に一身上の都合以外の明確な理由と書きましょう。
そうすることで印象は大きく変わるでしょう。

また勤務年数に関しては役3年を一つのめどにしている採用者が多いです。
たとえ転職が多いとしても3年以上の勤務をしていたら許容範囲として考えられています。

よりいい履歴書の書き方

理学療法士は採用される確率が高い職種です。
国家資格になるため持っている人が少なく、需要が高い職業なので、求人の方が上回っているのが現状です。
そのため履歴書がよほどのことがなければ不採用になることは少ないといえます。

かといって履歴書をいい加減に書いてしまうと、人間性への疑問や仕事への熱意が感じられないという評価につながってしまいます。
そのためよりいい履歴書の書き方を知っておくといいでしょう。

まず経歴に関しては、間違いなく正直に記すことが大事です。
一身上の都合が多い場合は評価が下がるため、明確な理由がある場合は退職理由を添えるといいでしょう。
具体的には出産の退職、親の介護のために退職など明確に書かれていると採用側は安心することができます。

そしていい履歴書の条件として挙げられるのが、志望動機の欄を空白なく埋めるということです。
転職のために就職活動をする中で御社に就職したいという明確な理由があるでしょう。
それを御社の企業理念などにむすびつけて文章化していきましょう。

そうすることで会社への理解だけでなく、求めている人材に近いと判断されます。
空白がないということは、その分意欲が強いという表れにもつながるため需要視しましょう。