結婚退職が多い

理学療法士は呼格資格を有する仕事です。
主に病院勤務になることが多く、結婚相手となる男性が同じ医療関係の仕事についていることが多いです。
同業者だからこそ理解してあげられる部分も多いですが、お互いに不規則な仕事を続けるのは日常生活に支障が出ることが予測されます。
そのため結婚後に妊娠や出産によって休む可能性が高い女性のほうが退職することが多いです。

中には結婚をしながら仕事を続ける人もいますが、妊娠出産の間の休暇を過ぎると旦那さんだけでなく周りの家族の支えが必要になります。
そのため自分一人だけの問題とは言い切れません。
いろんな障害を考えてしまうと、無理して仕事を続けるよりも結婚を機に仕事を辞めるという結論を出す人が多いです。

夫の理解が必要

理学療養士の資格をもっている女性は、結婚と同時に退職をする人が多いのが特徴です。
同業者同士では夜勤や勤務体系がバラバラなので家庭を共に築いていくのはとても大変だといえます。

さらに今まで経験したことがない育児が加わることで、大きなストレスがかかる可能性があります。
特に新生児のころは昼夜問わず泣くことも多く、生活習慣が乱れやすくなっているのです。
その中で時間を考えながら仕事を続けるのは大変なことです。

同じ屋根の下で過ごす夫の理解がなければ、一人で何足ものわらじを履くことは難しいでしょう。
職場の環境にもよりますが、夫に育児休暇を積極的にとってもらうようにお願いするのも一つの方法です。
>>ワーク・ライフ・バランス| 内閣府男女共同参画局

こちらのサイトでも詳しく説明しています。
そのほかにも勤務時間の調整を行ってもらい、なるべく家事や育児に積極的に参加してもらえるような仕事の環境を作ってもらうようにしましょう。

何もかもを一人で抱えてしまいがちになりますが、周りの人に上手に甘えながら子育てをすると、心身ともに少しでも楽に毎日を過ごすことができます。
男性の育児の参加は、子供にとっても絆を深める大切な時間にもなるので積極的に行動していきましょう。

産後復帰しやすい

理学療法士は国家資格で、社会的にも認められている職業です。
主に病院勤務が多く、社会復帰を目的とするリハビリを行っていくため需要は常にある職業です。

理学療法士は一度取得したら更新などはないため、一生身につく資格になります。
どこでも求人に対して人員のほうが足りていない状態なので、産後復帰はしやすい職種です。
ただし仕事も家庭も一人で抱え込んでしまうと負担が大きくなるため、仕事で少し余裕がある勤務状態で復帰できるのが理想です。

不規則な時間のシフトではなく、決まったシフトで出勤することで生活のリズムが作りやすくなります。
先輩の中で育児をしながら社会復帰した人がいる人は、どのようなことを事前に準備しておくべきなのか相談をしておくと安心して社会復帰することができます。