アメリカで理学療法士になるには免許取得を行う

アメリカで理学療法士として働くためには、自国のPT免許を持っていることと、自国で一定のPT教育課程を納めていること、TOEFLで一定点数を取得していることが必用となります。
様々な免許取得、資格取得がまずは目指すべき目標になりますので、免許を取得するための勉強方法、取得するまでのスケジューリングをすることから始めましょう。

また、現在日本のPT免許を取得しているという場合は、アメリカのPT免許取得免許を取り直すという事も可能です。
現地のPT免許取得学校に行くことが最もてっとり早いと思いますが、この点は、自分がやりやすいように考えてみると良いでしょう。

有る程度の手続きの時間や、費用もかかりますので、現地に行く前に色々と調べて準備をした上で、免許取得などを行っていくように心がけてみて下さい。

アメリカの理学療法士の働き方

アメリカのおける理学療法士の働き方は、PTクリニックで勤める方法が尾母になるでしょう。
リハビリテーション分野における理学療法士の場合は特に、急性期から予防的アプローチまで、幅広い分野に対応する能力が必要となります。
また、立場や責任も大きく、患者さんからの信頼度、医療スタッフからの期待がかかる立場となりやすいため、常に結果を残していかないといけないと言えるでしょう。

最初のうちは特に、周囲からのチェックの目が厳しく、いかに自分をアピールすることが出来るかがポイントになります。
より効率の良い理学療法の提供、患者さんに合わせた的確なケアを行なえるかどうかが重要な判断材料となりますので、有る程度の知識や経験を持った上で、現地入りすることが大切です。

治療方法が限られることも

アメリカの外来PTクリニックでは、公的高齢者用医療保険と各医療保険会社によって、PT実地費用のほとんどが支払われます。
ですが、これらの団体が認可している治療方法においてのみ、こうした保険制度が適用となりますので、有る程度治療方法が限られるという事も覚えておきましょう。

基本的にこちらの保険適用内の施術を求める方がほとんどで、保険適用外のケアですと、全額実費になることもあり、避けられがちといえます。
無断でこうした施術を行うと、現地では間違いなく訴えられてしまいますので、適応している施術内容は何か、お国柄の制度も学んでいく必要があるでしょう。

このように、日本と同じようで有る程度勝手が違う部分もありますので、事前準備の際に、色々と勉強をして臨む必要があります。
現地に知り合いがいるようでしたら、まずは一度話を聞いてみることが大切ですが、居ない場合でも、有る程度は事前に勉強をすることが出来るでしょう。