常勤・非常勤の働き方

理学療法士の資格を持っている人は働き方が大きく分けて2種類あります。
一つは、正社員としてフルタイムで働くという常勤というスタイルです。
そしてもう一つは、常勤に比べると時間が短く、週に限られた日数だけ出勤するという非常勤という働き方です。
どちらも双方にメリットがありますが、基本的に職場で行う仕事の内容にあまり違いはありません。

ただし大きな違いとしては、労働時間と福利厚生や保険などの保証があるかないかによっても違います。
給料の違いなどはありますが、理学療法士は国家資格が必要な仕事なので、一般的な仕事に比べて時給が高く設定されています。
そのため、働く時間が短い場合でもある程度の収入として見込むことができます。

今の自分のライフスタイルによってどちらの勤務を選ぶのか決めるのがおすすめです。
仕事優先でも構わないのであれば常勤のほうがやりがいも持つことができます。
家庭や子育てを優先したい人はパートやアルバイトで働く方がいいでしょう。

ブランクを克服

理学療法士の資格は一度とったら更新する必要がなく、一生涯の資格として活用することができます。
そのため女性で資格を持っている人は、結婚や妊娠出産を機に退職をしたときに一定期間現場から離れることになります。

その後職場復帰したいと思っても、以前と同じように仕事ができるのか不安に感じている人が多いです。
医療や技術の進歩によって、リハビリの行い方も変わっている可能性もあります。
そういった指導の変化にどれだけ柔軟に対応できるかは、実際に働いてみなければわかりません。
職場復帰に不安を感じている人や仕事以外の家庭の時間も大事にしたいと考えている人は、パートやアルバイトなど非常勤で仕事をすることがおすすめです。

様々な環境で仕事ができる

理学療法士は病院での勤務が多く、不規則な生活になってしまうのではと躊躇する人もいるでしょう。
しかし国家資格という誰でも持てる資格ではなく、社会的にも信頼がある仕事の一つです。
需要も多く、人員確保をするためになるべく勤務時間の融通を聞かせてもらいながら仕事をすることも可能です。

ただし各病院や施設によって経営方針が異なり、それに沿って行われるため同じ職業でも環境の違いが生まれます。
自分に合っていると感じることもあれば、あまりあっていなくて働きにくいなどと感じることもあるでしょう。
それは実際に働いてみなければわからないことで、正社員で入社してしまうと簡単にやめることは難しいです。

そのため自分に合っているところかどうか見極めるためにもパートなどでまずは働くことがおすすめです。
時間によっては、ほかの病院などと掛け持ちをしていろんな場で自分の経験を高めるという方法もあります。