病院勤務が一番多い

理学療法士は国家資格を有する職業で、今後必要不可欠といわれている職業です。
なぜならケガや病気になる人は絶えることがなく、患者さんが社会復帰するためには必ずリハビリは必要になるからです。
理学療法士は専門の知識を用いて、一人一人の患者さんに適したリハビリを提案して実行していくのが仕事となります。

そこで最も勤務地として多いのが病院になります。
病院といっても大学病院のような場所から開業している個人の病院まで幅広くあるのです。

もちろん求められるスキルの違いや、診療内容によってどのような患者さんが来るのか絞られる場合もあります。
しかし総合病院になると、脳卒中のマヒ、心臓病の人、がん、骨折、リュウマチ、などあらゆる患者さんが来るため、いろんな症状に適したリハビリの提案をしていくことが必要です。

施設での勤務

日本では、今高齢化が深刻な問題になっています。
これ以下が進んだことで増えたのが老人ホームなどの福祉施設の建設です。

マンションのようなつくりで居住型老人ホームやデイサービスなどを中心とした福祉施設などもあります。
このように高齢者が多くなったことで、日本中のいろんな場所で福祉施設が立てられ、様々な症状を持った高齢者のケアをする機会が増えているのです。

高齢零社の場合は、体がこれから不自由になる可能性が高い人、徐々に不便さを感じている人、日常生活に支障が出ている人に分かれます。
これから不自由になる可能性がある人は、体の老化現象に合わせて予防を目的とするリハビリを行っているのです。

今何かしら不便を感じている人は痛みの緩和や体が動かしやすいように訓練をします。
最後に日常生活に支障が出ている場合は、医師や看護婦さんと相談をしながら患者さんに負担がかからないリハビリの提案をしていきます。
ただし日常生活に復帰できるレベルまで回復させることが一番の目標です。

年々拡大している職場

理学療法士の職場として新たに注目されているのが、スポーツ界での活躍です。
プロのスポーツ選手には、選手を支えるためのプロジェクトチームが存在しています。
こちらのサイトでも分かりやすく説明されています。
>>理学療法士の仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden

現役で成績を残し続けるために、メンテナンスやケガなどの予防を常に心がけなくてはいけません。
万が一けがをしてしまった場合、治療とともに早く復帰するためのリハビリが必要になります。
筋力の回復、関節の動きなどが潤滑になることから始めていく必要があります。
プロのスポーツ選手ではなくてもトレーニングジムなどで指導するトレーとしての需要も高くなっています。