理学療法士の仕事

理学療法士という職業に関してすぐに仕事の内容が思いうかぶ人は少ないのではないでしょうか。
理学療法士は英語で、Physical Therapistを略してPTとも呼ばれています。
病院にけがや病気で入院したことがある人は、リハビリを経験したことがあるでしょう。

そのリハビリのプロとして活躍しているのが理学療法士です。
病院にとっては欠かせない存在でもあり、私たちが入院して社会復帰するためには必要な施術だといえます。

理学療法士は主にけがや病気の人が日常生活のために必要な動作の回復を目的としたリハビリを考えています。
カルテをもとに、医師や看護婦さんと連携をして、どのようなリハビリが適しているのかプランニングをしていきます。
主に運動療法がメインになることが多いですが、症状や体調など様々な観点から適した方法を選択し、早い社会復帰を目指していきます。

最近では高齢化社会が深刻な問題となり、老化現象とともに体が不自由になってしまうケースが増えています。
そのため病院以外でも老人ホームなどの福祉介護施設などの求人も増えてきています。

運動療法の指導

理学療法士の主な仕事として多いのが、運動療法によるリハビリです。
日常生活の中で、寝返る、起き上がる、座る、立つ、歩くといった基本的な動作が自立できるように指導していきます。
状況に合わせて徐々に筋力も回復してくるようになり、社会復帰に近づくことができます。
そのほかにも関節が潤滑に動くように、関節可動域練習なども行っていきます。

ただしやり方などは、抱えている病気、けがをした個所、持病などによって大きく変わります。
また年齢や体形、性別などによっても指導が異なるため、一人ひとり患者さんと向き合ってプランニングしていなければいけません。
正確なリハビリを行うためにも、常に患者さんの体調を把握しておく必要があります。

物理療法は内面

体を動かすリハビリに対して、物理療法は症状を改善したい部分に物理的なちからを加えることで、体の内面に変化をもたらすという方法です。
具体的には、熱を加える、冷却させる、電気の刺激などを加える方法があります。
これによって血の循環の改善、筋肉をほぐす効果などもあります。

具体的には、低周波治療器を用いて幹部を刺激することで痛みの原因を排除し、老廃物なども排除することができます。
そのほかにも保温機能があるホットパックを痛みのある部分に充てておくだけでも効果が期待できます。

なぜなら温まることで血管が拡張して幹部に送られる血液量が増えます。
十分な栄養素が送り届けられることで、体の回復力を早める働きがあります。
理学療法士は様々な知識を持ち、どの症状には何を行うと効果的なのかを組み合わせながらリハビリのプランニングをおこない、患者さんの早い社会復帰を目指していきます。