内容が異なる

今病気やケガなどで入院している人や老人ホームや介護施設などで必ず重要な役目をしているのがリハビリを行っているスタッフです。
リハビリは日常生活を取り戻すために訓練をし、無事に回復した時点で退院が決まります。
このリハビリを主に行っているのが理学療法士や作業療法士という資格を持っている人たちです。
一見現場ではどちらも同じようなことをやっているように見えますが、実は作業療法士と理学療法士にはリハビリを行う内容が異なります。

一番の違いは日常生活の基本となる、立つ、歩く、起きる、座るといった動作に関するリハビリを主に行うのが理学療法士の特徴です。
体を動かすことをメインとする運動療法を行うことで、基本の動きに対して指導をしていきます。
これに対して作業療法士は日常生活の応用編の動作をリハビリとして取り入れていきます。
具体的には、箸を持つ、洗濯物を干す、料理をする、といった日常生活で行う体の動作に対してリハビリを行います。

精神的なサポートが多い

作業療法士の特徴は、精神的なリハビリに対しての知識があるということです。
精神的な悩みを持つ患者に対して、考え方を変えるように訓練をしたり、気分を変えさせられるような方法を見出したり、精神的なサポートを行っています。

理学療法士はどちらかというと、運動療法や物理療法などリハビリの基礎となる動作身体的サポートがメインです。
リハビリに関して極めるのであれば、理学療法士のほうが専門的知識を得られます。

作業療法士は、日常生活の具体的な動作に中心にしてリハビリを行っています。
そのため手先の運動や趣味などを通してリハビリ兼精神的な安定やリラックス効果なども得られます。

趣味を通じたリハビリ

理学療法士は、身体能力を回復させることが一番の特徴です。
何をするに対しても、立つ、起き上がる、寝返る、座るといった基本動作ができなければ、次のステップには進むことができません。
そういった身体的な動きの基礎をしっかりできるようにサポートしているのが理学療法士です。

これに対して作業療法士は、心身ともにサポートができるリハビリを取り入れるのが特徴です。
そこでよく行われているのが、趣味などを通じたリハビリです。
手芸や書道、工作など、指先を自然と動かすことでリハビリ効果につなげていきます。

趣味を同時に行うことで楽しみつつ、今までよりも細かい動きをリハビリに取り入れることができます。
趣味であれば、自宅でも簡単に行うことができるので、日常生活でリハビリが取り入れやすくなります。
理学療法士と作業療法士はどちらもリハビリという点ではよく似て言いますが、それぞれの専門的な要素を生かしながら患者さんと向き合うことが大事です。