業種外のかかわりが多い

医学療法士はリハビリのプロと呼ばれるほど、専門的な知識と技術を持っています。
それらを生かして関節を柔軟に動かせるようにしたり、筋力をつけたり基本的な動作を繰り返すことで、体を動かしやすくリハビリを行っていきます。

その際に人それぞれ症状も異なるため、その人に合ったリハビリのプランニングを立てることが重要です。
プランニングを立てるためには、患者さんの状態をよく知る必要があり、カルテや報告書だけでは判断しきれないことがたくさんあります。
そのため、医師や担当の看護婦などミーティングなどを繰り返して、リハビリを進めていくことになります。

専門職になるとどうしても同じ職種同士が集団になって行うことが多く、固定観念が強くなりすぎたり自由な発想ができなくなったりしてしまうことがあります。
理学療法士の場合は、医師や看護婦と一緒に患者と向き合うことでそれぞれの専門的な知識を持ち合わせ、結論を出していくことになります。
そのため業種外とのかかわりが刺激となり、いろんな考え方を身に着けることができます。

需要が多い

理学療法士は、病院、整骨院、老人ホームなどの福祉施設などいろんな職場の選択を行うことができます。
就職先によって条件が異なりますが、いろんな方面で活躍することができるのが魅力です。
最も需要が多いのは病院での仕事です。
いろんな患者のリハビリを受け持つことができるため、活躍することができます。

そのほかにも最近需要が高くなっているのが、老人ホームや介護施設です。
高齢化や核家族化が進んでいることで、家族よりも施設でお世話をすることが増えてきています。
施設内で動くことも限られてしまうため、関節や筋力が低下しないための予防を兼ねたリハビリも行っています。

また体がすでに動きにくいと感じる部分をリハビリする患者さんもいます。
今後このようなリハビリを重視した介護施設は増えていくため、ますます需要が多くなっていくでしょう。

スキルアップが実感できる

病院では、骨折などのけがで入院している人かがんや心疾患、呼吸器疾患、障害者まで幅広い患者さんに一人一人と向き合う必要があります。
そしてそれぞれに合ったリハビリ法を考え、実行して成果があるのかどうかを見極めて進めていかなければいけません。
勤務先は一か所でも、いろんな患者さんに触れ合うことで、リハビリのパターンも増えていきます。それが経験となりスキルアップにつながります。
また整骨院など専門の病院では、同じ症状でも年齢や性別などにおいて効果が違うなど、専門分野を作り上げることができます。