開業できないわけ

理学療法士は国家資格を有する仕事です。
国家資格は簡単にとることができるわけではありません。
決められた養成施設を卒業し、国家試験に合格しなくてはいけません。

そのためほかの資格がなくてもできる仕事に比べると、もちろん優遇されていることが多いです。
年収や時給なども一般的な仕事よりも高く、求人も常にあり復職する人も多いです。
特に技術を要する仕事は、ほかの誰もができるわけでなく資格や経験が物をいう世界です。

その中で多くの経験によって、知識や技術を磨いた人が独立をして開業という道を選んでいきます。
しかし開業はどんな仕事でもできるわけではありません。

理学療法士は理学療法士として開業する権利を持っていません。
そのため厳密にいうと開業することはできません。
その一番の理由は、医学療法士は医師の指示によってリハビリなどの施術をすることが義務になっているからです。
医師がいるところでなければ、理学療法士としての仕事は受けることができないということになります。

ただし理学療法士でも開業できる方法としては、開業できるほかの資格を持つことで実現することができます。
最も多いのが柔道整復師という資格を利用して整体院を開業するという方法です。
理学療法士の知識を生かしながら自分のお店を持つことができます。

起業はできる

理学療法士の資格を持っていても開業はできませんが、起業することは可能です。
理学療法士としてリハビリは一番の強みです。

その強みと生かすことができる職業としては、介護やデイサービスの会社を立ち上げることです。
今高齢化社会が進んでいく中で、介護に関する仕事は需要が高まっていく一方です。
そして家族の多くは、日常の生活が少しでも楽にできるようにリハビリをしてほしいという気持ちを持っている人が多いです。

ただし条件によって看護師を雇う必要がありますが、リハビリが必要な人たちのサポートをすることはできます。
理学療法士の資格を生かしながらも自分の会社を持つことができます。

自由診察の場合は

理学療法士として開業ができない場合でも、保険適応外の自由診察であれば、資格を生かせられるような企業を行うことができます。
理学療法士の場合はリハビリに関するノウハウが優れているため、その知識も生かしてマッサージ店や治療院などを開業することができます。

保険が利用できない場合、どうしても集客が難しいと考える人も多いでしょう。
しかし腕の良さや一人一人的確なリハビリを行うことができるため、理学療法士の資格をお店として大きなプラス要因となります。
たとえ自由診察だとしても、自分に適した治療をして早く改善してくれる治療院のほうが魅力的だと感じてくれるのではないでしょうか。